育ちざかり

シマ窯 多肉のつぼみ

 

植物たちにとって、とても良い季節。

みずみずしく毎日変化していきます。

4年ぐらい前に買って、なかなか花を咲かせてくれなかった種類が初めてつぼみを付けました。

かわいいなあ。

 

伸びゆくものがそばにあるって、元気づけられる!!

 

だれだ!?

シマ窯 多肉植物

 

かぷり、

多肉が食べられている!!

 

これまで、こんなことは無かったから、

多肉はおいしくないと思ってたんだけど…

 

食べ進めていないから、やっぱりおいしくなかったんだろうね。

 

 ***

 

おっ、ぷくぷくして、うまそうな葉っぱがあるぞ。

かぷり。

うへっ!!まっずい。なんだこれは。

食べられたもんじゃない。

おいおい、これはやめておいたほうがいいぞ。

 

 ***

 

誰かさん、もう食べないで。

周りのみんなにも、食べないほうがいいって、伝えてね。

うわあ!

シマ窯 多肉植物

 

頭が重くなって倒れかかった多肉の茎から、新芽がぷくぷく出てきた。

親の危機に「やばいぞ!急げ!」とでもいったよう。

 

気持ちのいい季節になりました。

秋はわたしの季節です。

勝手にね。(^^)

可愛い花火みたい

暑い日は、小さな花がいい。

近くの花屋で買ってきました。

鉄釉花器にアゲラタムの花。

 

シマ窯 鉄釉花器 アゲラタム

多肉のこと

シマ窯 植木鉢 多肉植物

 

多肉植物に、はまっている。

めちゃくちゃではなくて、やや、まあまあ、はまっている。

 

朝、家の玄関を出て、工房へ入る前に多肉チェック。

水が足りなさそうだったら、水をあげる。

枯れた葉があったら、つまんで取り除く。

虫がいたら、ふっと息を吹きかけてあっちへ飛ばす。

あとは…ただ、じーっと見る。

 

最初に3種類買って来て、

買い足したのと、もらったのとで、今は9種類ある。

春と秋には挿し木や葉挿しで子株を増やしているので、

小さな鉢がずらずらと20ぐらい並んでいる。

 

なんといっても多肉は命をつなぐ力が強い。

弱ってきて、「ダメかな」と思っていると、

まだ元気が残っている部分から、モゾモゾと新芽を出し始める。

ゆっくり、ゆっくりとだけど、

完全にダメになる前に、今持っている力を新芽に注いで、次につなげている。

 

簡単には終わりにしない。

静かにたくましい。

 

 

そんな訳で、多肉に「まあまあ」はまってしまっているのです。

今年の夏は厳しいなー。

がんばれ多肉よ!

 

 

1